Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大正製薬、営業中の車上荒らしで個人情報入りパソコン盗まれる

大正製薬は、業務用パソコンを紛失する事故が2件が発生したと発表した。

最初の事故は11月19日で、食品卸を担当する営業社員が、大阪市内の路上にて車上荒らしの被害に遭い、パソコンを盗まれたという。パソコンには、同社社員のメールアドレス3939名分と取引先社員のメールアドレス28件が保存されていた。

また、11月26日に札幌市内のスーパーマーケット駐車場にて食品卸を担当する営業社員が車上荒らしにあったもので、同社社員のメールアドレス3939名分と取引先担当者のメールアドレス18名分が保存されていた。

同社では、いずれのパソコンにも暗号化およびパスワードの設定がしてあったとして、個人情報の流出の可能性は低いとしている。同社は2件の被害について警察へ被害届を提出。さらに該当する取引先、および社員に事情を報告、謝罪したという。

(Security NEXT - 2005/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版