Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、情報漏洩対策ソフト「InfoCage」の連携機能を強化

NECは、印刷資料の不正利用抑止や運用管理ソフトとの連携機能を追加した情報漏洩対策ソフト「InfoCage」を発売する。

「InfoCage/ファイル操作監視」では、従来より対応しているファイルの操作履歴記録に加え、プリントソフト「iPrinting.Secu@」との連携が可能になった。これにより、各ファイル固有のID番号を埋め込んで印刷することができ、不正利用の抑止などに利用できる。

また、統合運用管理ミドルウェア「WebSAM Ver.6」との連携機能により、「InfoCage」の各種製品が検知した不正アクセスや改ざん、処理エラーといった情報の一元管理が可能となる。一方、「InfoCage/持ち出し制御」では、パソコン3000台の管理が可能となり、大規模システムへの対応を実現している。

(Security NEXT - 2005/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州