Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語でアダルトサイトの料金を要求するウイルス「Trojan.Gurepirls」

シマンテックは、PC内から盗んだアドレスをアダルトサイトへ勝手に登録し、架空請求を行うトロイの木馬「Trojan.Gurepirls」に注意を呼びかけている。危険性は、感染力、被害状況ともに「低」としている。

同ウイルスは、感染すると「SMTP Eメールアドレス」、「SMTP表示名」、「SMTPサーバ」、「POP3ユーザー名 」、「POP3サーバ」などのユーザー情報のほか、パソコン内のアドレス帳からメールアドレスを盗んで、同様にアダルトサイトへ送信するという。問題のアダルトサイトは現在削除されている。

その後、30秒ごとにアダルトサイトの利用料金を支払うよう要求するメッセージが表示させられる。メッセージは女性の写真が添えられ、日本語で「お約束の支払い期日が過ぎましたが、貴方のご入金が確認できておりません」などと書いてあるという。

同社では、常に最新のパッチを適用する、不審なメールの添付ファイルは開かない、そしてインターネットからダウンロードしたソフトウェアは必ずウイルス検索を実行してから起動するなどの感染予防策を挙げて、注意を促している。

(Security NEXT - 2005/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT