Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井物産セキュア、継続的にクライアントPCを監視する検疫ソリューションを発売

三井物産セキュアディレクションは、米Mirage Networksのネットワーク検疫ソリューション「Mirage NAC 2.3」を発売する。

同製品は、接続中である機器のセキュリティ状態を確認し、問題がある端末との接続を遮断し、隔離できる検疫ソリューション。クライアントPCへソフトウェアのインストールは不要で利用可能。接続時ではなく、接続機器を継続的にチェックすることが可能。さらに、隔離した端末をパッチ管理サーバへ接続を促すといった対処を実施することも可能。

また同社では、同エンジンを搭載したアプライアンス「C-125」を発売する。同製品は、CounterPoint ファミリーのエントリーモデルで、小規模ネットワーク環境に対応する。

(Security NEXT - 2005/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性