Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長谷工アーベストが不正アクセス被害 - フィッシングの踏み台に

長谷工アーベストは、アンケート受付専用のサーバが不正アクセスを受け、調査を実施した。

今回の不正アクセスは、外部よりアンケートの受付を行っているウェブサーバが攻撃を受けたもの。同社は攻撃判明後、サーバを隔離した上で、警察やセキュリティ調査会社と連携し、調査を進めていた。また、該当する顧客には書面で通知した。

その後調査の結果により、今回の不正アクセスは、金融機関を装い、顧客情報を不正に取得するためのフィッシングサイトとして、サーバを利用することが目的だったと判明したという。

同社によれば、サーバには9月15日から10月19日に実施されたアンケートに回答した顧客の個人情報が保存されており、同社は、情報セキュリティ会社にアクセスログの解析を依頼。その結果、個人情報の漏洩について可能性は低いとの報告を受けたことから、同社は今回の不正アクセスの目的が個人情報の取得ではなく、漏洩はなかったと結論付けている。

(Security NEXT - 2005/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで