Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長谷工アーベストが不正アクセス被害 - フィッシングの踏み台に

長谷工アーベストは、アンケート受付専用のサーバが不正アクセスを受け、調査を実施した。

今回の不正アクセスは、外部よりアンケートの受付を行っているウェブサーバが攻撃を受けたもの。同社は攻撃判明後、サーバを隔離した上で、警察やセキュリティ調査会社と連携し、調査を進めていた。また、該当する顧客には書面で通知した。

その後調査の結果により、今回の不正アクセスは、金融機関を装い、顧客情報を不正に取得するためのフィッシングサイトとして、サーバを利用することが目的だったと判明したという。

同社によれば、サーバには9月15日から10月19日に実施されたアンケートに回答した顧客の個人情報が保存されており、同社は、情報セキュリティ会社にアクセスログの解析を依頼。その結果、個人情報の漏洩について可能性は低いとの報告を受けたことから、同社は今回の不正アクセスの目的が個人情報の取得ではなく、漏洩はなかったと結論付けている。

(Security NEXT - 2005/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず