Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報誤表示の原因はプログラムの不具合 - ローソンチケットのサイトが再開

ローソンチケットは、同社ウェブサイトにて誤表示が発生した問題で、問題が改善されたとしてサイトの公開を再開した。

今回の事件は、10月2日から10月19日の間に、同社ウェブサイトおよび、同社が運営を受託しているウェブサイト上で、他の顧客情報が表示されてしまったもの。同社によれば、調査によりサーバ上のコンテンツ変換ソフトウェアに原因が特定できたという。

同社では、開発元へ修正を依頼、再発防止策としてセキュリティの強化や監視プログラムを追加するなど対応を実施した上でサービスを再開した。また今回の問題に絡み、代表取締役2名を減給処分とした。

(Security NEXT - 2005/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット上行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信