Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オークションでの知的財産権侵害を防止する協議会が設立

ネットオークションにおける知的財産権を侵害した不正出品防止を目指し、「インターネット知的財産権侵害品流通防止協議会」が設立された。

同協議会は、知的財産権を侵害する不正出品がネットオークションで行われていることをうけ、設置されたもので、消費者や知的財産権の所有者保護を目指す。

知的財産権の権利者や、インターネットオークション事業者が設立メンバーとなり、警察庁、経済産業省、総務省、文化庁、内閣官房などがオブザーバとして参加している。

今後は、オークションに関連する問題や情報を共有し、流通防止に向けた活動していくとしており、不正出品者の情報の開示制度、不正出品停止の強化、ユーザーへの啓発活動などについて検討を進め、2006年3月末までに意見をまとめるとしている。

設立メンバーは、権利者がACCS、キヤノン、日本国際映画著作権協会、日本動画協会、日本レコード協会、本田技研工業、ユニオン・デ・ファブリカン。オークション事業者はヤフー、アイ・オークションネット、WIN、ディーエヌ・エー、ライブドア、楽天。

(Security NEXT - 2005/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア