Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、11月のトップ10ウイルスを発表 - 「Sober-Z」が猛威振るう

ソフォスは、11月度の「トップ10ウイルス」を発表した。「Sober-Z」をはじめ、メールで拡大するウイルスが流行しており、全メールの2.7%がウイルスメールだという。

11月に検知した新規ウイルスは1940件で、1位となったのは「Sober-Z」だった。「Sober-Z」は、メールで感染を広げるウイルス。メールの添付ファイルとして送られ、感染するとユーザーのセキュリティシステムを無効にし、さらにコンピュータ内からメールアドレスを収集してコピーを送りつける。17件に1件のメールがSober-Z ワームによるものだという。

登場したのが11月下旬だったにも関わらず、同社へ報告されたウイルスの42.9%を占めた。従来より猛威をふるっていた「Netsky-P」が2位となった。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Sober-Z
W32/Netsky-P
W32/Mytob-GH
W32/Mytob-EX
W32/Zafi-D
W32/Mytob-BE
W32/Zafi-B
W32/Mytob-AS
W32/Netsky-D
W32/Mytob-C

(Security NEXT - 2005/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定