Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベンツ販売店、顧客情報が記載された書類が車上荒らし被害に

シュテルン横浜東は、11月21日にメルセデスベンツ藤沢店において、従業員の自家用車が車上荒らしに遭い、顧客情報が記載された営業関係書類が盗まれたと発表した。

同従業員が、食事のために横浜市内で時間貸し駐車場を利用している間に被害にあったもの。後部座席のガラスが割られ、鞄ごと書類を盗まれた。

同社によれば、被害に遭ったのは顧客220名分の氏名、住所、電話番号、車両登録番号、車両モデル名などが記載された顧客車両一覧表など。また、顧客の氏名が記載された領収書、アンケート用紙、自動車査定表なども含まれるという。

同社では、被害届を提出。同社では、該当する顧客に対し個別に謝罪した。同社では、情報管理体制を強化し、再発を防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定