Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソースネクスト、コンビニ価格500円のセキュリティソフト発売

ソースネクストは、総合セキュリティ対策ソフト「ウイルスセキュリティ500」を発売した。

同製品は、ウイルス対策をはじめ、スパイウェア対策、ファイアウォール、情報漏洩対策、迷惑メール対策などを備えた総合セキュリティソフト。

同社の「ウイルスセキュリティ」の利用可能期間を1年からを3カ月と短くしたことで500円の低価格に押さえた。4カ月目以降は更新することで引き続き利用可能。また、「ウイルスセキュリティ2006」で搭載される「システム防御機能」を搭載している。

同社は、家電量販店のほか、コンビニや書店、ホームセンターなど5万店に同製品を流通させる予定。今回の発売に合わせ、ハワイ旅行が当たるオープン懸賞「コンビニにウイルスセキュリティあります」キャンペーンを3月まで実施する。

(Security NEXT - 2005/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン