Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意図せぬシステム書き換えを警告「ウイルスセキュリティ2006」

ソースネクストは、「ウイルスセキュリティ2006」シリーズを12月16日に発売する。

「ウイルスセキュリティ2006(1980円)」やデータプロテクト機能を備えた「ウイルスセキュリティ Platinum(2970円)」を用意。また、複数台を対象としたパッケージやバックアップソフトをくわえた「スーパーセキュリティ」を用意。
同製品では、ウイルスやスパイ対策、ファイアウォール、迷惑メール対策、情報漏洩対策といった従来機能にくわえ、ネット詐欺防止機能を追加。パソコン内のシステムを書き換えられた際、ユーザーに警告するという。

「ウイルスセキュリティ Platinum」では、メールデータや、アドレス帳、マイドキュメントの暗号化を実現する「データプロテクト」をセットにした製品。

(Security NEXT - 2005/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町