Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、文書管理ソリューションに情報漏洩対策オプションを追加

京セラコミュニケーションシステムは、個人情報保護とe文書法に対応した文書管理ソリューション「GreenFile X」に、情報漏洩防止オプションを追加した。

今回追加されたオプションにより、機密文書へのアクセスを制御を実現。クライアントPCにおいて、添付ファイルの利用を閲覧のみ、閲覧および印刷のみ、ログ収集のみの3段階で制御できる。

また、印刷時にはヘッダーに履歴を強制的に印刷できる。さらに、機密文書に対する操作ログを取得し、監査ログとして集中管理する機能も追加した。

(Security NEXT - 2005/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論