Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北九州市、委託先が個人情報記載の資料を誤廃棄

北九州市は、標記調査を委託している日本統計センターが個人情報が記載された資料を、引越しの際に誤って廃棄したと発表した。

紛失したのは道路整備を目的都市、自動車の利用状況などを調べる自動車起終点調査に関する資料。11月9日に、同調査員が誤って引越しのごみと一緒に廃棄したという。

車の使用者の氏名および住所、車両ナンバー、所有形態、初度登録年月などを含む、56名分の個人情報が記載されていた。

誤廃棄の判明後、ごみ収集受託業者を対象に調査を行ったが、同日中に焼却処分された可能性が高いという。同市では、対象者を個別に訪問して謝罪した。また、再発防止に向けて調査員への指導を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起