Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

かんら信金、不正CD-ROMの注意喚起時にメールアドレスを漏洩

かんら信用金庫は、顧客へメールを送付する際、誤操作により送付先のメールアドレスが流出したと発表した。

最近、金融機関を装い、不正なソフトをインストールするCD-ROMが銀行顧客へ送付されていることを受け、同庫が注意喚起を促すメールを送付したが、その際、操作ミスを行い、他の受信者がメールアドレスを確認できる形で送付してしまったという。

メールには、45件のメールアドレスが記載されており、受信者より指摘を受け、判明したという。判明後、同庫では謝罪のメールを送付し、あわせて削除を依頼したという。さらに個別に訪問、謝罪した。現在、44件の顧客と連絡が取れ、所在不明にて連絡が取れない顧客に対しても継続して対応しているとしている。

(Security NEXT - 2005/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず