Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンキング 「セキュリティに不安を感じる」が36.2% - gooリサーチ

NTTレゾナントと三菱総合研究所は、「gooリサーチ」において、登録モニターなどを対象に「インターネットバンキングの利用状況」に関する調査を実施した。

同調査は、10月11日から同月24日にかけてウェブ上でのアンケートとして実施された。有効回答者数は4万3074名だった。

同結果によれば、ネットバンキングの利用者は全体の4分の3強が利用していることが明らかとなった。ネット銀行利用の目的には、商取引の資金決済利用が高い割合を示した。利用満足度という側面においては、普通銀行、ネット専業銀行ともにほとんど差はなく、7割以上の回答者が満足していると回答している。

ネットでの商品購入における決済手段としては、クレジットカードとネットバンキングがそれぞれ5割を占めて拮抗している。現在ネットバンキングを利用しない理由については、「個人情報漏洩の危険性」を挙げた回答者が最も多く、50.6%を占めた。

セキュリティについての不安も根強く、ネット専業銀行を利用しない理由、または利用の際に不満な点として、個人情報や口座情報の漏洩などセキュリティに関する不安を挙げた回答者が36.2%を占めた。

(Security NEXT - 2005/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず