Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、SSLサーバ証明書にセキュリティサービスを付けて提供

日本ベリサインは、SSLサーバ証明書発行サービスにセキュリティ関連サービスを追加した「ベリサイン サーバIDプレミアム」の提供を開始した。

同サービスでは、2種のメニューが用意されており、いずれもグローバルサーバIDの発行に加え、セキュリティ関連サービスを用意した。「グローバル・サーバIDエクスプレスプレミアム」は、サーバIDを2営業日以内で発行、さらにセキュリティ情報のメールマガジン配信サービスを提供する。価格は、1年間有効で15万9600円から。

一方「グローバル・サーバIDサーバ監視プレミアム」では、サーバIDの発行に加え、サーバ監視サービス、セキュリティ情報のメールマガジン配信サービスを提供。サイトロックが提供する24時間365日の運用監視サービス「SiteCare for SSL」を採用し、問題が発生した場合は必要な情報を管理者へ通知する。価格は、1年間有効で30万300円から。

(Security NEXT - 2005/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定