Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワコールのデータ流出事件、あらたに367名の流出が判明

ワコールは、サーバへの不正アクセスによりオンラインショップの顧客情報が流出した事件で、11月24日時点であらたに367名の情報流出が判明したと発表した。

同事件は、同社がオンラインショップの運用業務を委託しているNECネクサソリューションズが管理するサーバにおいて不正アクセスが発生し、同ショップで商品を購入した顧客の個人情報が流出したというもの。11月19日に同社が公表した段階では、データが流出した顧客数は4757名だった。

その後、NECネクサソリューションズの親会社にあたるNECに依頼して流出データの調査を実施した結果、367名の情報流出があらたにわかった。さらに、117名についてはクレジットカード情報も含まれるとしている。同社では新たに判明した顧客への連絡作業を進めているという。

(Security NEXT - 2005/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた