Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワコールのデータ流出事件、あらたに367名の流出が判明

ワコールは、サーバへの不正アクセスによりオンラインショップの顧客情報が流出した事件で、11月24日時点であらたに367名の情報流出が判明したと発表した。

同事件は、同社がオンラインショップの運用業務を委託しているNECネクサソリューションズが管理するサーバにおいて不正アクセスが発生し、同ショップで商品を購入した顧客の個人情報が流出したというもの。11月19日に同社が公表した段階では、データが流出した顧客数は4757名だった。

その後、NECネクサソリューションズの親会社にあたるNECに依頼して流出データの調査を実施した結果、367名の情報流出があらたにわかった。さらに、117名についてはクレジットカード情報も含まれるとしている。同社では新たに判明した顧客への連絡作業を進めているという。

(Security NEXT - 2005/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生