Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鈴鹿中央総合病院、PC紛失で最大57名の患者情報を流出

鈴鹿中央総合病院が、4月29日に同院勤務の医師が患者情報が保存されたパソコンを紛失していたことが明らかになった。

所在不明となっているしたパソコンは、同医師が所有していたもので、入院患者最大57名の氏名、生年月日などの個人情報が保存されていた。同医師は、遺失届を提出し、病院周辺や自宅などを捜索したが見つからず、11月14日の時点においても発見されていないという。

同病院では該当する患者に対し事情説明と謝罪をした。また、職員の教育と個人情報の管理体制を一層強化して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す