Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社員宅の空き巣被害で医師情報盗まれる - 帝人ファーマ

帝人ファーマは、11月15日に同社社員の自宅が空き巣被害に遭い、個人情報が記録されたノートパソコン1台が盗まれたと発表した。

ノートパソコンを盗まれた営業社員は、岡山県医療機関を担当しており、パソコンには同県内の医師445名分の氏名や勤務先などが保存されていたという。

同社では、パソコンには暗号化といったセキュリティ対策を行っているため、アクセスは困難としているが、被害が発生した場合は誠意を持って対応したいとしている。また、今回の事故を受け、再発防止策などを実施する予定。

(Security NEXT - 2005/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
NEC製ルータ「Aterm」シリーズ2機種に複数脆弱性
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市