Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証、売買システムに関する報告書を提出

東京証券取引所は、再発防止策などをまとめ公表した。

今回の障害は、システム増強を行う際、進級のシステムが混在したことにより、正しく動作しなくなったもの。11月1日については前場が取引できない状況へ陥り、後場も13時30分からの開始となった。

同取引所では、投資者の取引に影響したことについて重大な責任があるとし、メーカーの作成資料にミスがあったとしながら、それらに含まれる問題を事前のチェックによって改善できるよう体制が整っていなかったことについて「システム運用に係る管理体制が不十分」だったとしている。

同取引所では、役員報酬の一部カットや売買システム部長を厳重注意処分を発表。また、再発防止として、システム運用における役割分担の明確化、チェック処理の改善、外部監査の実施、バックアップ体制の充実などに加え、システム運用時間の見直し、現在の6時30分立ち上げから2時間前倒しにするとしている。

東京証券取引所
http://www.tse.or.jp/

(Security NEXT - 2005/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込