Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワコール、不正アクセスで顧客情報を流出 - カードの不正使用で発覚

ワコールは、同社のオンラインショップを運用しているサーバが不正アクセスを受け、顧客4757名の個人情報が流出したと発表した。そのうち1899名にはクレジットカード情報が含まれていたという。

不正アクセスを受けたのは、NECネクサソリューションズが管理するサーバ。同社がオンラインショッピングシステムの運用業務を委託していた。11月7日にオンラインショップの顧客からクレジットカード不正使用の指摘があり、調査を進めたところ、同月18日に不正アクセスが発覚したという。

流出したのは、同社のショッピングサイトで2005年7月14日から11月9日の間に商品を購入した顧客4757名の個人情報で、住所、電話番号、注文番号、お客様番号など。そのうち1899名は、クレジットカード番号および有効期限が含まれていた。氏名や購入履歴は含まれていなかったとしている。

同社では、流出の拡大防止のため、17日にショッピングサイトを閉鎖した。翌18日に京都府警へ被害を届けるとともに、経済産業省へ報告した。

さらに、対策本部を設置し、不正アクセスの原因などについてNECネクサソリューションズと調査を進めている。また、被害者に対し個別に謝罪するとともに、クレジットカード会社と連携して対応する予定。被害が発生した場合は、同社とNECネクサソリューションズで対応するとしている。また、サイト利用者に対しメールで事情を説明した。

(Security NEXT - 2005/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も