Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業で個人情報保護対策の遅れ目立つ - 日本HP調査

日本ヒューレット・パッカードは、企業の規模ごとに個人情報保護法対策の状況について調査を実施し、結果を公表した。

同調査は、全国の企業を対象に、従業員が1000名以上の企業、100名から500名規模の企業、30名から100名未満の企業に分け、電話調査を実施したもので、有効回答は368件。

個人情報保護法対策を実施していない大企業は9.9%に留まり、大企業において何らかの個人情報保護法対策が進んでいる一方、中小、中堅企業では50.6%と約半数が実施していない結果となった。原因としては、ノウハウがが51.8%だった。

さらに、自社内の調査が十分に対策が進んでいるとする企業については、大企業が65.3%、中小および中堅企業が41.3%といずれも対策が完全ではないとの認識を持っている。

ITセキュリティ対策の観点に移すと、対策を実施している企業は、大企業で75.2%、中小および中堅企業で41.7%と個人情報保護対策に比べ低い数値となった。

内閣官房情報セキュリティセンター内閣参事官補佐を併任する同社チーフ・プライバシー・マネージャの佐藤慶浩氏は、 「今回の調査から、中小や中堅企業における個人情報保護とITセキュリティ対策の遅れがわかった」とし、その理由として「個人情報と個人データなどの定義といった基本の理解すら進んでいない状況で、自社が法の対象ではないという誤解があるのではないか」と分析している。

(Security NEXT - 2005/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生
事故の被処分者に関する個人情報含む資料をメールで送信 - 東京都
サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
Find Job!で一部求職者情報が外部よりアクセス可能な状態に
ログイン情報だまし取る「偽Uberアプリ」 - 正規アプリ表示で詐取を隠ぺい
NRIセキュア、海外拠点を実地調査するアセスメントサービス
仮想通貨取引所ZaifのAPIキーに不正アクセス - 不正な取引や引出が発生
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
可視光利用した手のひら静脈認証で実証実験
介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市