Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISP向けS/MIME電子署名メールシステム「Postmarkエンジン」のOEM供給が開始

ホライズン・デジタル・エンタープライズ、日本ジオトラスト、NECの3社は、S/MIME電子署名メールシステム「Postmarkエンジン」を共同で開発、11月30日より提供を開始する。

同製品は、ISP事業者やホスティング事業者向けの製品で、電子署名付きメールサービスを提供する上で必要となる「サーバーハードウェア」「ゲートウェイ型電子署名付加ソフトウェア」「クライアント証明書」をパッケージし、OEMとして提供するもの。

ハードウェアには、NECの「Express5800/Blade Server」、ソフトウェアにHDEの「HDE Signed Mail Gateway」、S/MIME署名用電子証明書に日本ジオトラストの「トゥルークレデンシャル」をセットとしており、事業者が導入しやすいよう、柔軟なカスタマイズ性を備えたという。

提供先の第1弾として、オーラライン電子署名付きメール配信ASPサービス「Postmarkサービス」を開始する予定。

(Security NEXT - 2005/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大