Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISP向けS/MIME電子署名メールシステム「Postmarkエンジン」のOEM供給が開始

ホライズン・デジタル・エンタープライズ、日本ジオトラスト、NECの3社は、S/MIME電子署名メールシステム「Postmarkエンジン」を共同で開発、11月30日より提供を開始する。

同製品は、ISP事業者やホスティング事業者向けの製品で、電子署名付きメールサービスを提供する上で必要となる「サーバーハードウェア」「ゲートウェイ型電子署名付加ソフトウェア」「クライアント証明書」をパッケージし、OEMとして提供するもの。

ハードウェアには、NECの「Express5800/Blade Server」、ソフトウェアにHDEの「HDE Signed Mail Gateway」、S/MIME署名用電子証明書に日本ジオトラストの「トゥルークレデンシャル」をセットとしており、事業者が導入しやすいよう、柔軟なカスタマイズ性を備えたという。

提供先の第1弾として、オーラライン電子署名付きメール配信ASPサービス「Postmarkサービス」を開始する予定。

(Security NEXT - 2005/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性