Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が保存された携帯電話を紛失 - 積水ハウス

積水ハウスは、同社社員が帰宅途中に携帯電話を紛失したことを明らかにした。

携帯電話には業務用メールが保存されており、21件の顧客情報が記録されていた。含まれる個人情報は住所や氏名の一部。携帯電話にはダイアルロックがかかっており、パスワードがないとアクセスできないという。

同社では、再発防止策として、今後携帯電話を持ち歩く際にストラップの使用を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
CSIRTのワークフロー管理を支援するクラウドアプリ - NANAROQ
衣装ケースに入った顧客リスト約6000件、店舗駐車場に放置 - NTT西
IoT製品の品質指針を検討するWG発足 - IPA
Bitcoinの取引停止を前倒し - 日本仮想通貨事業者協会
Apple、「macOS Sierra 10.12.6」などセキュリティアップデート
Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正
公衆無線LANの安全性を確認するユーザーは3人に1人
多くの企業が不正侵入対策へ注力するも3割弱が被害を経験
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート