Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR東日本、大宮駅で定期券の再発行申込書725枚を紛失

JR東日本は、大宮駅みどりの窓口において、個人情報の記載されたSuica定期券の「再発行・払いもどし申込書」725枚の紛失が判明したと発表した。

紛失が判明したのは、大宮駅みどりの窓口で2005年7月に受け付けた申込書の一部で、氏名、電話番号、性別、生年月日、定期券の区間などの個人情報が記載されていた。

紛失物は11月9日の時点で発見されておらず、内部調査では社内での帳票整理中に誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。同社では謝罪するとともに、電話窓口を設置して顧客からの問い合わせに応じるとしている。

(Security NEXT - 2005/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県