Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティサービスに不具合、一部ユーザーにウイルス感染被害 - ニフティ

ニフティは、同社が提供しているセキュリティサービス「常時安全セキュリティ24」において不具合が発生し、不正侵入防止機能が一部正常に働かず、ユーザー1518名のパソコンにワーム「Sasser」が感染したと発表した。

同社によれば、11月10日22時30分から翌11日22時42分の間、同サービス利用者間での不正侵入防止機能が正常に働かない不具合が発生。そのため、一部ウイルスに感染していたサービス利用者のパソコンから、他の利用者のパソコンへ感染が広がったという。

今回感染が判明したのは自己実行型ワームウイルス「Sasser」で、その後の調査により、同時間帯でのサービス利用者3万8197名中、1518名の感染が判明した。また、感染した利用者以外でも、2717名にウイルスの感染活動を受けた形跡が見つかった。

不具合の原因は、不正侵入防止機能のメンテナンス作業での設定不備としている。現在、問題は解消しており、正常に動作しているとしている。

同社では、感染が判明したユーザーに対し、メールで対応方法を通知、封書によるアナウンスも行うう予定。また、12月16日まで専用の窓口を設けてユーザーからの問い合わせに応じるとともに、ウイルス駆除のための専門スタッフ派遣依頼も受け付けるとしている。

(Security NEXT - 2005/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県