Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コクヨS&T、セキュリティ封筒2種を発売

コクヨS&Tは、宛名部分を簡単に切り取ることができ、個人情報保護に活用できる「セキュリティ封筒」2種を、11月10日より発売する。

「アドレスカットタイプ」は、封筒の宛名部分にミシン目が入っているため、受け取った側が宛名部分をハサミで切り取ったり、シュレッダーや多穴パンチなどを用いずに、簡単に宛名部分を取り外して処分することができる。

「オープンチェッカータイプ」は、一度開けると開封部分の切り込みにサインが残るため、不正開封されていないか確認することができる。両タイプとも裏地紋を採用しており、中身が透けることはない。いずれも「角形2号」「洋形長3号」「長形3号」の3サイズを用意。価格はいずれもオープンプライス。

(Security NEXT - 2005/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み