Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックスOS、機密文書回収システムをリリース

富士ゼロックスオフィスサプライは、国内の富士ゼロックス関連会社を対象に機密文書をリサイクルする「機密文書回収システム」の販売を開始した。一般ユーザーには2006年1月より提供を開始する予定。

機密度の高い書類を扱う回収箱「R-BOX」と一般機密文書を扱う回収箱「B-BOX」を用意。「R-BOX」A4サイズの場合で5000枚を入れることができ、機密封印シールおよびバーコード月専用シールで封印。回収当日か翌日に製紙会社へ搬入、処理される。運搬経路はGPSにて追跡でき、処理時の写真付き溶解報告書がメールにて届けられる。さらにオプションにより動画によりリアルタイムに処理を確認することも可能。

「B-BOX」では、指定宅配業者が回収ボックスを引き取り、製紙工場へ搬入される。いずれも回収から溶解されるまでの費用を含んでおり、溶解された文書はトイレットペーパーに加工される。

(Security NEXT - 2005/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性