Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証トラブル、仕様書記載漏れが原因 - 新旧システムが混在

東京証券取引所は、11月1日に発生したシステムダウンについて、原因を発表した。

今回のシステムダウンの原因は、増強におけるバグで10月9日に開発元の富士通と東証が確認していた。しかし、同取引所によれば、18日に修正したプログラムを登録する際に、富士通が作成した仕様書に一部記載漏れがあり、東証コンピュータシステムが正しく対応できず、その結果、新旧プログラムが混在、システムダウンへ繋がったという。

東証では、資料における記載漏れの原因を明らかにするよう、富士通に求め、また、事故対策の体制に問題がなかったか検証するとしている。

また、東証は、一部マスコミで「東証と富士通が不具合を知りながら放置した」との報道について事実と反するとコメントしている。

東京証券取引所
http://www.tse.or.jp/

(Security NEXT - 2005/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割