Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

昭和シェル、クレジット利用控えが盗難 - 不正アクセスにより発覚

昭和シェル石油は、中央区銀座の同社特約店が運営するサービスステーションにおいて、クレジットカード利用控えの盗難が判明したと発表した。カード番号を悪用した不正アクセスにより発覚したという。

インターネットによる不正アクセス犯罪が発生していることから、同社と特約店が調査を行った結果、同サービスステーションで保管していた2005年2月から4月までの、クレジットカード利用控えの一部盗難が判明した。

盗難伝票には、カード番号、有効期限、利用年月日などが記載されていた。また一部には、英字の名字とイニシアルなど個人情報が含まれており、被害届を提出した。2005年6月末以降の売上伝票については、クレジットカード番号盗用の防止対策を実施、カード番号のマスキング対策を実施しているが、今回盗まれたのはそれ以前の売上伝票だった。

同社では、盗難伝票の情報による不正使用が発生した場合、顧客に経済的な被害が及ぶことはないとしている。また、不正利用の拡大を防ぐため、該当する顧客に対して、カード会社と連携して新たなカード番号のカードへの差し替え発行を進めるとしている。

(Security NEXT - 2005/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず