Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第一生命、54件の個人情報が顧客へ送りつけられる

第一生命保険は、川崎市麻生区に在住の顧客54名分の個人情報を記載したリストが外部に流出したと発表した。

同社顧客へリストが加入者へ送りつけられ、発覚したもので、顧客54名の氏名、住所、電話番号、保険の種類、保険の受け取り金額、契約日などが記載されていた。

流出リストは、同社の保有する情報が記載されていたが、同社が作成したものではなかった。また、同社システムが不正アクセスを受けた形跡もないという。同社では、警察署に相談、原因の究明に努めるとしている。

同社では、顧客情報が記載されたリストの社外持ち出し禁止、個人名のマスキング、社員の顧客情報へのアクセス制限など、情報漏洩対策を講じてきたが、今後は再発防止に向けてさらに対策を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
ピクサー製レンダリングソフトに脆弱性 - アップデートがリリース
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も