Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉銀行を偽装したフィッシングCD-ROMで不正振込の被害

千葉銀行は、同行を騙って送られたCD-ROMを利用したことによる被害が発生しているとして、注意を呼びかけている。

同行が発送したように偽装されたCD-ROMをインストールしたところ、口座から身に覚えのない振込が行われたという。被害に遭ったのは、同行が法人向けに提供しているインターネットサービス「Web-EB」の顧客企業で、同行によれば、11月1日時点でCD-ROMが送られてきたのは3社でそのうち1社で被害が発生している。

同行では、CD-ROMでソフトウェアを送ることはないとして、CD-ROMKなどが送付された場合には利用せず、同行に連絡するよう求めている。また、同サービスの顧客に対して、今回の事例を説明し注意を呼びかける文書を送付するとしている。

(Security NEXT - 2005/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市