Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉大付属病院、車上荒らしで患者の個人情報を紛失

千葉大学医学部付属病院は、関係者が車上荒らしに遭い、患者259名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失した。

同大学大学院医学研究院の大学院生が研究用に持ち帰る際、10月14日にコンビニエンスストアの駐車場に留めていた車の窓が割られ、車内からリュックごとUSBメモリを盗まれた。同病院によれば、紛失したのは患者259名の氏名、通院する病院名、手術内容、ID番号などの個人情報が記録されていた。

同病院では、患者のデータを研究に使用する場合には、匿名化を実施するよう指示していたが行われていなかった。今後はその周知徹底を図り、再発防止に向けて指導していくとしている。

(Security NEXT - 2005/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気
ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP