Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフ・セキュア、ウェブサイトの防御に特化したアプライアンスを発売

日本エフ・セキュアは、統合ウェブサイト防御アプライアンス「F-Secure Site Guard アプライアンス」を、12月20日より発売する。

同製品は、ウェブアプリケーションへの攻撃をブロックし、サーバへのウイルスの侵入、およびサーバからのウイルス拡散を防止する、ウェブサイトの防御に特化したソリューション。ラックの技術協力を受けて開発したもので、ファイアウォールやIDS、IPSでは防御できない攻撃にも対応する。

SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、クッキー情報の盗難といった攻撃をブロックできるほか、3種類のウイルス検索エンジンを搭載することにより高レベルのウイルス検査機能を実現。また、特定エリアからのアクセスのみを許可し、それ以外からの不正アクセスを遮断する「エリアフィルタ機能」を装備。日本語による管理も可能。

価格は、1ユニット260万4000円。次年度以降のサポートライセンスは、年額49万6000円。

(Security NEXT - 2005/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE