Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、メール送信ミスでカンファレンス申込者31名のアドレスを流出

総務省は、10月20日に「電気通信事業分野の競争評価についてのカンファレンス」参加申込者にメールを送信した際、誤って他の申込者31名のアドレスを表示した状態で送信した。

同省によれば、11月1日に開催予定のカンファレンスに参加を申し込んだ者へ、参加が可能であることを知らせるメールを送付した際、31名のアドレスを添付した状態で配信してしまったという。

同省では、流出の対象となった申込者に報告と謝罪のメールを送るとともに、誤送信されたメールの削除を依頼した。また、再発防止に向け、個人情報の厳正な管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
顧客情報記載の書類を搬送中に紛失 - 常陽クレジット
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
凸版印刷、パーソナルデータ利活用で米Planetwayと協業
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
「Oracle WebLogic Server」狙う脆弱性攻撃を12月後半より観測 - 警察庁
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
「WannaCry」ではない「Eternalblue」「Doublepulsar」攻撃が増加 - 「MS17-010」適用の再確認を