Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、メール送信ミスでカンファレンス申込者31名のアドレスを流出

総務省は、10月20日に「電気通信事業分野の競争評価についてのカンファレンス」参加申込者にメールを送信した際、誤って他の申込者31名のアドレスを表示した状態で送信した。

同省によれば、11月1日に開催予定のカンファレンスに参加を申し込んだ者へ、参加が可能であることを知らせるメールを送付した際、31名のアドレスを添付した状態で配信してしまったという。

同省では、流出の対象となった申込者に報告と謝罪のメールを送るとともに、誤送信されたメールの削除を依頼した。また、再発防止に向け、個人情報の厳正な管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース