Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、メール送信ミスでカンファレンス申込者31名のアドレスを流出

総務省は、10月20日に「電気通信事業分野の競争評価についてのカンファレンス」参加申込者にメールを送信した際、誤って他の申込者31名のアドレスを表示した状態で送信した。

同省によれば、11月1日に開催予定のカンファレンスに参加を申し込んだ者へ、参加が可能であることを知らせるメールを送付した際、31名のアドレスを添付した状態で配信してしまったという。

同省では、流出の対象となった申込者に報告と謝罪のメールを送るとともに、誤送信されたメールの削除を依頼した。また、再発防止に向け、個人情報の厳正な管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警視庁のウェブサーバに大量アクセス - 一時閲覧不能に
ランサム身代金の平均額は1077ドル - 3割強の被害者が支払い
「Ghostscript」にコード実行の脆弱性 - 悪用コードが流通
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
小学校で災害時の児童緊急引渡用カードを紛失 - つくば市
PW管理甘いサーバ狙うランサム、直接ログインして暗号化 - IPAに被害相談
ランサム「Locky」が活動再開か - Wordファイル入りPDFで拡散
2016年下半期はメール経由の攻撃が2.5倍 - 9割超が「Locky」感染目的
J-CSIPによる標的型攻撃の共有数がゼロに - 巧妙化による「検知逃れ」の可能性も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に