Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、メール送信ミスでカンファレンス申込者31名のアドレスを流出

総務省は、10月20日に「電気通信事業分野の競争評価についてのカンファレンス」参加申込者にメールを送信した際、誤って他の申込者31名のアドレスを表示した状態で送信した。

同省によれば、11月1日に開催予定のカンファレンスに参加を申し込んだ者へ、参加が可能であることを知らせるメールを送付した際、31名のアドレスを添付した状態で配信してしまったという。

同省では、流出の対象となった申込者に報告と謝罪のメールを送るとともに、誤送信されたメールの削除を依頼した。また、再発防止に向け、個人情報の厳正な管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

結婚披露宴予約者の情報が流出か、原因など調査中 - 東武ホテル
ソフトバンク、米Cybereasonに1億ドルの追加出資 - 筆頭株主に
「FF14」にDDoS攻撃 - 断続的なネットワーク障害が発生
「高齢者支援センター」など名乗る詐欺 - 「個人情報の削除」で連絡、「被災地支援」にも便乗
Linuxにroot権限を取得される脆弱性「Stack Clash」
日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中
HPEのサーバ監視ソフト「HPE SiteScope」に脆弱性
「剣と魔法のログレス」で開発企業の従業員が逮捕 - RMTに利用者アカウント
情報処理安全確保支援士の合格率は16.3% - 平均年齢36.5歳
ボットネット「Avalanche」の国内感染端末が約3分の2に - 依然1万台以上が感染中