Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、メール送信ミスでカンファレンス申込者31名のアドレスを流出

総務省は、10月20日に「電気通信事業分野の競争評価についてのカンファレンス」参加申込者にメールを送信した際、誤って他の申込者31名のアドレスを表示した状態で送信した。

同省によれば、11月1日に開催予定のカンファレンスに参加を申し込んだ者へ、参加が可能であることを知らせるメールを送付した際、31名のアドレスを添付した状態で配信してしまったという。

同省では、流出の対象となった申込者に報告と謝罪のメールを送るとともに、誤送信されたメールの削除を依頼した。また、再発防止に向け、個人情報の厳正な管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本狙う「偽Google Play」に注意 - スミッシングで誘導
国内IPアドレス経由のマルウェアメール送信が拡大 - 「Gozi」感染端末が踏み台に
個人情報保護委、個人データ漏洩時の対応方法示す - パブコメに117件の意見
ラック、茨城県警のサイバーセキュリティ対策に協力
イベントチラシに一般出演者の氏名掲載でトラブル - 横浜市
脆弱性学習ツール「AppGoat」が再度アップデート - 一部修正が不十分で
組込機器やIoTシステム向けに「KasperskyOS」 - ポリシーで動作を限定
「自動車重量税納付書」を保管期限前に誤廃棄 - 国交省
約2000人分のマイナンバーを誤通知 - 表計算ソフトの操作ミスで
8割超のSOC、成熟度レベル低く脆弱 - HPE調査