Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、メール送信ミスでカンファレンス申込者31名のアドレスを流出

総務省は、10月20日に「電気通信事業分野の競争評価についてのカンファレンス」参加申込者にメールを送信した際、誤って他の申込者31名のアドレスを表示した状態で送信した。

同省によれば、11月1日に開催予定のカンファレンスに参加を申し込んだ者へ、参加が可能であることを知らせるメールを送付した際、31名のアドレスを添付した状態で配信してしまったという。

同省では、流出の対象となった申込者に報告と謝罪のメールを送るとともに、誤送信されたメールの削除を依頼した。また、再発防止に向け、個人情報の厳正な管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスでメアド流出 - キャンピングカーシェアサービス
「Azure」「Office365」で政府統一基準に準拠するためのリファレンス
2要素認証のコードも窃取するフィッシング - SMSをきっかけに
学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 東洋大
OWASP、開発段階のセキュリティ実装を支援するトレーニングイベント
韓NetSarang製サーバ管理ツールのアップデートにバックドア - 「PlugX」との類似点も
高速道路の情報板に「ミサイル落下情報通行止」と誤表示 - NEXCO西日本
「脅し」だけでなく「窃盗」でも仮想通貨を狙う「ランサムウェア」
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム