Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外務省職員を詐称するウイルスメールが流通

外務省は、同省職員を詐称するウイルスメールが10月18日より流通しているとして、注意を喚起している。

問題となっているメールの発信者は同省の職員となっており、アドレスも同省のドメイン「mofa.go.jp」が記載されている。同省では、発信者を偽ったなりすましメールであり、添付されたファイルを開くとウイルス「W97M_EMBED.A」に感染するおそれがあるとし、注意を促している。

同省では、パソコンが作動しなくなったなどの被害は報告されていないとしながらも、心当たりのないメールを受信した場合には添付ファイルを開かずに削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委