Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外務省職員を詐称するウイルスメールが流通

外務省は、同省職員を詐称するウイルスメールが10月18日より流通しているとして、注意を喚起している。

問題となっているメールの発信者は同省の職員となっており、アドレスも同省のドメイン「mofa.go.jp」が記載されている。同省では、発信者を偽ったなりすましメールであり、添付されたファイルを開くとウイルス「W97M_EMBED.A」に感染するおそれがあるとし、注意を促している。

同省では、パソコンが作動しなくなったなどの被害は報告されていないとしながらも、心当たりのないメールを受信した場合には添付ファイルを開かずに削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
「SAP NetWeaver AS Java」に深刻な脆弱性 - 即時対応を
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県