Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECネクサ、e文書法に対応できる電子文書管理ソリューションを発売

NECネクサソリューションズは、文書データの漏洩を防止やe文書法に対応する電子文書管理ソリューション「セキュアライブラリー」を発売する。

同ソリューションは、パソコン内に保存されている文書データをサーバに登録し、アクセス制御や一元管理を行うもの。公開/非公開や公開範囲などを設定したうえで、管理者の承認を得て保管庫に登録される。保管庫ごと、または文書ごとにアクセス制御が可能で、セキュリティレベルを0から100段階まで細かく設定できる。

また、スカイコムのPDF変換ソフトと組み合わせることで、パスワード登録や透かし、電子署名などを付加したPDFファイルの作成が可能。アマノのタイムスタンプと連携可能で、e文書法に対応が可能。価格は、5ユーザーライセンスを含むOracle対応の基本セットが105万円から。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ