Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECネクサ、e文書法に対応できる電子文書管理ソリューションを発売

NECネクサソリューションズは、文書データの漏洩を防止やe文書法に対応する電子文書管理ソリューション「セキュアライブラリー」を発売する。

同ソリューションは、パソコン内に保存されている文書データをサーバに登録し、アクセス制御や一元管理を行うもの。公開/非公開や公開範囲などを設定したうえで、管理者の承認を得て保管庫に登録される。保管庫ごと、または文書ごとにアクセス制御が可能で、セキュリティレベルを0から100段階まで細かく設定できる。

また、スカイコムのPDF変換ソフトと組み合わせることで、パスワード登録や透かし、電子署名などを付加したPDFファイルの作成が可能。アマノのタイムスタンプと連携可能で、e文書法に対応が可能。価格は、5ユーザーライセンスを含むOracle対応の基本セットが105万円から。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

販売店が顧客情報含む領収証を紛失 - 東京ガス
動物取扱責任者の変更届出書などを紛失 - 大阪府
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加
「Intel AMT」のパスワードは大半が「admin」、端末乗っ取りのおそれ - 研究者が指摘
中小企業を対象としたセミナーが全国7カ所で開催
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生