Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

朝日新聞の広告サイトが改ざん被害 - 情報漏洩やウイルス感染の可能性

朝日新聞社は、同社広告局が外部へ運営業務を委託している大学進学情報の広告サイト「キャンパス・アサヒコム」のトップページが不正アクセスを受け、改ざんされたと発表した。

同社によれば、10月18日に利用者から改ざんの可能性を指摘する連絡があり判明。問題サイトを閉鎖し、警察に通報するとともに原因究明の調査を続けていた。

改ざんは、サイトへ不正なリンクが加えられたもので、10月17日から18日午後5時30分までの間、トップページを閲覧すると、意図しないサイトへ接続、自動的にウイルスがダウンロードされる状況だったという。ウイルスがパソコンに感染した場合、メールアドレスなどの個人情報が流出する可能性がある。

また、サーバ内へ不正にアクセスされた疑いがあり、資料請求希望者の個人情報最大462名の情報が漏洩した可能性があるとしている。

同社では、情報が漏洩した可能性があるユーザーに対しては、メールか郵便で謝罪文書を送るとしている。なお、ニュースサイトのアサヒ・コムについては、不正アクセスなど発生しておらず、不具合などはないとしている。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性