Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

朝日新聞の広告サイトが改ざん被害 - 情報漏洩やウイルス感染の可能性

朝日新聞社は、同社広告局が外部へ運営業務を委託している大学進学情報の広告サイト「キャンパス・アサヒコム」のトップページが不正アクセスを受け、改ざんされたと発表した。

同社によれば、10月18日に利用者から改ざんの可能性を指摘する連絡があり判明。問題サイトを閉鎖し、警察に通報するとともに原因究明の調査を続けていた。

改ざんは、サイトへ不正なリンクが加えられたもので、10月17日から18日午後5時30分までの間、トップページを閲覧すると、意図しないサイトへ接続、自動的にウイルスがダウンロードされる状況だったという。ウイルスがパソコンに感染した場合、メールアドレスなどの個人情報が流出する可能性がある。

また、サーバ内へ不正にアクセスされた疑いがあり、資料請求希望者の個人情報最大462名の情報が漏洩した可能性があるとしている。

同社では、情報が漏洩した可能性があるユーザーに対しては、メールか郵便で謝罪文書を送るとしている。なお、ニュースサイトのアサヒ・コムについては、不正アクセスなど発生しておらず、不具合などはないとしている。

(Security NEXT - 2005/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催