Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秘文とNAV 2006がコンフリクト - 秘文の暗号化機能に不具合

日立ソフトウェアエンジニアリングは、同社セキュリティソリューション「秘文」シリーズとシマンテックのセキュリティ製品を同時に利用すると暗号ファイルが利用できない不具合が発生すると発表した。

秘文を利用する環境下にシマンテックのNorton AntiVirus 2006などをインストールした場合、秘文の暗号化および復号化が正しく動作せず、ファイルが破壊される可能性があるという。現在、日立ソフトとシマンテックが調査を進めている。

対象製品は、秘文シリーズが、「秘文AE Information Cypher」全バージョン、「秘文AE Information Share」全バージョン、「秘文/Enterprise」全バージョン、「秘文/SAFE Personal」全バージョン。シマンテック製品は、「Norton AntiVirus 2006」「Norton Internet Security 2006」「Norton SystemWorks 2006」「Norton SystemWorks 2006 Premier」で、影響を受ける環境は、Windows 2000 および、Windows XP。

日立ソフトでは、両ソフトを同時に導入しないようアナウンスしており、新しい情報が入り次第公開していく予定。

(Security NEXT - 2005/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も