Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月のセキュリティパッチは予告通り9件

マイクロソフトは、セキュリティパッチ9件を公開した。緊急が3件、重要が4件、警告が2件となっている。

Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムのほか、DirectShowやMSDTC、COM+ の脆弱性などについても、リモートでコードが実行されるなど、緊急に対応が必要としている。また、重要とされる4件いずれもリモートでコードが実行されたり、特権の昇格など、危険度が高い脆弱性が含まれる。

2005 年 10 月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms05-oct.mspx

(Security NEXT - 2005/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
経済産業省、個人情報漏洩でベネッセに報告徴収の要請
「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も