Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月のセキュリティパッチは予告通り9件

マイクロソフトは、セキュリティパッチ9件を公開した。緊急が3件、重要が4件、警告が2件となっている。

Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラムのほか、DirectShowやMSDTC、COM+ の脆弱性などについても、リモートでコードが実行されるなど、緊急に対応が必要としている。また、重要とされる4件いずれもリモートでコードが実行されたり、特権の昇格など、危険度が高い脆弱性が含まれる。

2005 年 10 月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms05-oct.mspx

(Security NEXT - 2005/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連