Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR西日本、社員の個人情報が漏洩 - 匿名でUSBメモリ届く

JR西日本は、10月12日に同社社員情報が記録されたUSBメモリと書類が同社へ匿名で届けられたと発表した。

USBメモリは、広島支社に勤める同社社員の個人所有物で、8月22日に紛失したものだという。メモリ内部には、氏名、生年月日、人事情報など広島支社に所属する社員5010名やグループ会社38名分の個人情報が記録されていた。

同社では、個人情報の持ち出しを禁止していたとしており、今後は、より厳格な取り扱いを徹底したいという。

(Security NEXT - 2005/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気
ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay