Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀行、199社分の顧客情報を紛失

りそな銀行は、10月3日に帰宅途中に同行員が、顧客情報が記載された資料を紛失したと発表した。

同行によれば、紛失したのは神戸支店および三宮支店と取り引きのある法人199件分の顧客情報で、取引先名、業種、貸出残高などが含まれていた。

同資料は、10月11日時点では発見されていない。同行では、該当する顧客に対し事情説明をするとともに、再発防止に向けて顧客情報の管理をさらに強化するとしている。また、電話窓口を設けて顧客からの問い合わせに応じるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性