Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アフラック、ウイルスでWinny上に顧客情報が流出

アフラックは、宮崎県内の代理店においてウイルス感染により顧客情報が流出する事故が発生したと発表した。

発表によれば、Winny経由で同代理店所有のパソコンがウイルスに感染。同店管理の564名分の顧客情報がWinnyネットワーク上に流出したたもので、氏名、住所、電話番号、証券番号などが含まれる。そのうち2名については口座情報が、79名については医療情報などが含まれていた。流出期間は2005年4月4日から9月29日までで、ウイルスは判明した9月30日に駆除された。

同社では、該当する顧客に対し事実説明と謝罪をした。また代理店に対し、ウイルス対策の強化やソフトウェアを取り扱う際の注意事項などを指導して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE