Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサインら、SSL暗号化通信に特化したサイト監視サービスを提供

日本ベリサインとサイトロックは、SSL暗号化処理が行われているウェブサイト向けの運用監視サービス「SiteCare for SSL」を10月19日より提供開始する。

同サービスは、SSL暗号化処理が行われている決済関連ページや決算情報などの情報提供ページ、およびアンケートや問い合わせなどのフォームを持つサイトを対象にしたもの。HTTPSポートのサービス稼働状況やレスポンスなどが正常か、ユーザーの視点に立って監視する。

24時間365日のリモート監視により、障害が発生した場合の早期通知を実現。オペレーションセンターで発生した障害を分析し、必要に応じて担当者に電話やメールで通知する。価格は、初期設定費用が6万7200円、年間費用が8万8200円となっている。

(Security NEXT - 2005/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から