Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ナイス、顧客情報をファックスで誤送信

不動産事業を手がけるナイスは、同社顧客の個人情報1件が漏洩していたと発表した。

同社の分譲マンションを検討している顧客情報1件で、提携金融機関へ融資の確認を行う際、FAXを誤送信したという。同社では関係者を訪問し、事実報告を行った上で謝罪。また、監督官庁へ報告も行っている。同社では、二次被害の可能性は低いとしている。

同社では再発防止策として、個人情報が記載されたファックスの送信を禁止するという。

(Security NEXT - 2005/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市