Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京医科大学病院、個人情報目的外使用で謝罪

東京医科大学病院は、同院において個人情報が本来の目的以外に利用されたとして謝罪した。

同院によれば、今年7月末から8月初旬にかけて、退職した医師が診療所の開設案内状を送付する際、同院の一部患者名簿が利用したもので、患者の苦情により判明したという。送付された案内状は244通だった。

同病院では、退職した医師に対して抗議し、取得した医療情報などすべての書類を回収、処分。さらに、案内状を送付した患者へ謝罪状を送付した。目的外利用を行った医師も軽率だったとして反省しているという。同院についても、個人情報の保護の徹底を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2005/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀