Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JTB、ツアー参加者名簿を電車内で紛失

ジェイティービーは、9月28日に埼玉支店の社員が添乗したツアーの解散後、帰宅途中の電車内において、ツアー参加者名簿の入った鞄を網棚に置き忘れて紛失したと発表した。

同社によれば、紛失したのは9月27日に実施したツアー、および10月2日、8日、17日出発の東北、東海地方へのツアー参加者名簿で、氏名、住所、電話番号など591名分の個人情報が含まれていた。降車後すぐ置き忘れに気付き、駅員に報告するとともに該当する電車を捜索したが見つからなかった。

同社では、該当する顧客全員に対し、個別に訪問して事実報告と謝罪をした。また再発防止に向け、個人情報の管理強化と社員教育をさらに徹底していくとしている。

(Security NEXT - 2005/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も