Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎の特許訴訟で逆転勝訴 - ジャストシステム

ジャストシステムは、松下電器産業とのソフトウェアのヘルプボタンを巡る特許訴訟控訴審において勝訴したと発表した。

問題となった特許は、ヘルプアイコンを押した後に、他のボタンを押すと、本来の機能ではなく、機能の説明を表示するというもの。松下電機産業がワープロ専用機のヘルプ機能として1989年に出願し、特許を取得していた。

ジャストシステムでは、ヘルプ機能を「一太郎」「花子」といった同社主力製品に搭載しており、松下電器は同機能が特許を侵害しているとし、販売中止を求め2004年8月に提訴、第一審でジャストシステムの一太郎や花子のヘルプ機能が松下電器の特許権を侵害しているとして、東京地方裁判所は、2005年2月に松下の主張を認める判決をしていた。

ジャストシステムは第一審を不服として控訴。知的財産高等裁判所は、松下電機産業の主張を認めず、一審の判決を取り消した。

(Security NEXT - 2005/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も