Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オークションでMS Officeの海賊版などを販売 - 会社役員男性を逮捕

和歌山県警と和歌山西署は、オークションサイトで海賊版ソフトウェアを販売していた和歌山市の会社役員男性を、著作権法違反容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、逮捕された男性は、オークションサイトから自らが運営する海賊版販売用ホームページへのリンクを掲載して誘導、2004年11月ごろから2005年9月までの間に、マイクロソフトのビジネスソフトなどを無断で複製し販売していたという。

同協会では、会員企業の情報提供により、男性の海賊版販売を確認し、2004年12月にはオークションサイトに対して6回にわたり、男性の出品について削除要請を行ったという。

(Security NEXT - 2005/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン