Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オークションでMS Officeの海賊版などを販売 - 会社役員男性を逮捕

和歌山県警と和歌山西署は、オークションサイトで海賊版ソフトウェアを販売していた和歌山市の会社役員男性を、著作権法違反容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、逮捕された男性は、オークションサイトから自らが運営する海賊版販売用ホームページへのリンクを掲載して誘導、2004年11月ごろから2005年9月までの間に、マイクロソフトのビジネスソフトなどを無断で複製し販売していたという。

同協会では、会員企業の情報提供により、男性の海賊版販売を確認し、2004年12月にはオークションサイトに対して6回にわたり、男性の出品について削除要請を行ったという。

(Security NEXT - 2005/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県