Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オークションでMS Officeの海賊版などを販売 - 会社役員男性を逮捕

和歌山県警と和歌山西署は、オークションサイトで海賊版ソフトウェアを販売していた和歌山市の会社役員男性を、著作権法違反容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、逮捕された男性は、オークションサイトから自らが運営する海賊版販売用ホームページへのリンクを掲載して誘導、2004年11月ごろから2005年9月までの間に、マイクロソフトのビジネスソフトなどを無断で複製し販売していたという。

同協会では、会員企業の情報提供により、男性の海賊版販売を確認し、2004年12月にはオークションサイトに対して6回にわたり、男性の出品について削除要請を行ったという。

(Security NEXT - 2005/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力