Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

常陽銀行、車上荒らし被害で顧客情報を紛失

常陽銀行は、行員が車上荒らしの被害に遭い、顧客の個人情報が含まれる鞄を紛失したと発表した。

同行によれば、9月20日に同行利根支店の行員が竜崎市内の飲食店で飲食している間に車上荒らしの被害に遭ったという。同行員は、飲食後に、車の後部座席の窓が割られ、車内にあった鞄が盗まれていたことに気が付いた。鞄には、顧客名、住所、取引内容など56件の情報を含んだ資料が入っていた。

同行では、顧客情報の持ち出しを禁止していたが、同行員は転勤したばかりのため、引継した情報を勉強するため、持ち出したのではないかとしている。対象となる顧客へ個別に事情を説明し、謝罪した。

(Security NEXT - 2005/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に